アンティークコインの探し方

大量金貨アンティークコインは、現在使われていない古いコインの総称で、中には非常に高い価値を持つものも存在します。古いコインの中にも、製造数が非常に多いものや、極端に少ないものがあり、同じコインでも製造された年代が違うだけで何倍もの価値になることがあります。アンティークコインを探すためには、地道な調査が物を言うといわれていますが、いったいどのようにして探せばよいのでしょうか。

最近はインターネットを利用してアンティークコインを探す方が増えています。専門ショップのサイトやオークションサイトを定期的にチェックすることで、新しく入荷されたコインを購入することが出来ます。中には偽者を出品する方や、相場よりも高値で販売する方もいるので、安易に購入するのも考え物ですが、リアルタイムで情報を入手できるのは魅力的です。こまめに情報収集しつつ、信頼できる情報か慎重に吟味するようにしましょう。

現在売られているアンティークコインの中には、自分の祖先が残したものが出てきたものもあるといいます。もしものときのためにたんす貯金をしており、そのまま忘れられていたということもあるので、思いもよらないところから貴重なアンティークコインが見つかるかもしれません。

またアンティークとはいえませんが、日本の硬貨の中にも、製造数が極端に少ないものもあるので、ひょっとしたら財布の中に貴重なコインが入っているかもしれません。専門ショップサイトなどで調べてみるのも良いでしょう。

参考リンク_金貨
└アンティークコインについて掲載している金貨販売専門サイトです。

コインの価格の違い

いろいろな国で使われているコインですが、中には何度も代替わりを繰り返しているものもあります。日本でもモデルチェンジが行われたコインや、すでに製造が停止しているコインがたくさんありますが、古くなったアンティークコインの中には高値で取引されるものも存在します。アンティークコインは条件次第でさらに価値が高くなるといわれていますが、何が要因となって価格が高くなるのでしょうか。

基本的にアンティークコインの価値は、市場でどれだけ出回っているかで変わります。古いコインはそれだけで価値があるといっても良いといわれており、18世紀ごろに作られた10ドル金貨が、数百万円で取引された例もあります。古いコインでも、生産数が非常に多く、市場でたくさん出回っているものについては価値が低いことも多いので、貴重そうなコインを見つけても、まずは市場での相場をチェックするようにしてください。
コイン
アンティークコインの価値は状態によっても決まります。基本的には使用されておらず、新品に近いものであればあるほど、その価値は上がるものとされています。中には特殊な事例として、エラーコインが取引されることもあり、製造に失敗して本来の絵柄や形状になっていないものは、驚くほどの価値を生むといわれています。日本で現在使われている硬貨も、エラーコインは高値で取引されることがあるので、アンティークコインを探すついでに調べてみてはいかがでしょうか。

アンティークコインの購入

白黒金貨コイン収集を趣味にしている方は意外なほど多く、現在使われている貨幣はもちろん海外のコインや骨董品としての価値があるほどの古いものなど、様々なコインが高値で取引されています。アンティークコインの価値は物によって大きな差があり、なかなか市場で出回らないものの場合、本来の貨幣価値の何百倍もの価値で取引されることも珍しくありません。そんなアンティークコインを購入するにはどうすればよいのでしょうか。

アンティークコインは、専門のショップで購入されることが多いです。コレクションとしての価値があるコインは、専門ショップで売りに出されることが多く、貴重な数百年前の金貨が売りに出されたケースもあります。買取にも応じているので、自分が持っているけれども、コレクションの対象にしていないコインがあるときは、高値で売却して新しいコインの購入費用に充てることも出来ます。

最近だとネット経由でアンティークコインを購入する方も増えています。ネットオークションではコインの売買も積極的に行われており、時折非常に貴重なコインが出品されることもあります。中には価値を知らずに安値で出品する方もおり、掘り出し物を狙って多くの方が様々なオークションサイトにアクセスしています。掘り出し物を安値で購入するのはロマンを感じますが、同時に偽者を購入する可能性も高く、ネット上では商品の確認も困難なため、購入にはそれ相応のリスクがあるものと考えてください。